住宅性能

住宅性能

イメージ写真
大阪で注文住宅をつくる「ユライブアーキテクト」では高い耐震性能、高気密・高断熱の家づくりを基本にしています。
家族を長く安全に守りながら、暑い夏、寒い冬でも少ないエネルギーで快適に過ごすことができ、先々の光熱費の節約でランニングコストが抑えられる家づくりです。

そんな、私たちのつくる家の性能を、ご紹介します。

PEFORMANCE.01 長期優良住宅をはるかに越えるスペック

住宅 家族の思い出を刻む高性能住宅

デザインが好みでも、夏は暑く冬は寒い住宅だとしたら・・・?
ご家族の思い出を刻む住まいだからこそ、快適に健康に、長く暮らせる安心な住まいにしたい。ユライブはそんな想いを叶えます。

住宅 ユライブが提供する“快適な住まい”

“快適な住まい”とは部屋の中が適温に保たれている家のことです。 夏でも室温が上がりすぎず、冬でも足元が冷たくならない。正しく断熱して、気密性能を高め、計画換気をする事で“快適な住まい”は実現できます。

高気密+高断熱+高耐久

快適で高耐久な住まいを実現するためには、この3点セットが必要です。住宅の温熱環境と空気環境を長きにわたって守ります。

住宅 ユライブは長期優良住宅基準に標準対応

長期優良住宅チェック項目

  1. 01 耐震性
    極めて稀な大地震の後も簡単に改修でき、継続利用できるような損傷レベルの低減を図る
  2. 02 劣化対策
    住宅の構造躯体が数世代にわたって使用できるよう、通常の維持管理条件下で少なくとも100年程使い続けられるような構造躯体点検のための床下空間や点検口なども設置
  3. 03 維持管理・更新の容易性
    構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備の維持管理(清掃・点検・補修・更新)が容易に行えるようにする
  4. 04 省エネルギー性
    現行の省エネルギー法に適合し、必要な断熱性能などの省エネルギー性能を確保する
  5. 05 維持保全計画
    将来を見据えて定期的な点検・補修に関する計画を策定する
  6. 06 居住環境・住戸面積
    良好な居住水準を確保するために必要な面積を確保する

PEFORMANCE.02 高気密・高断熱住宅

住宅 「高気密住宅」とは?

「C値」で表記されているのが高気密の指標です。気密とは住宅内に隙間風が入ってこないようにする事です。住宅の機密性能を表す数値がゼロに近いほど機密性能が高いといえます。

気密性が高いと、高効率の熱交換換気が利用できるので、更なる省エネができ、内部結露を解消する事ができます。光熱費を大幅に減らせ、生活費を減らす事が出来ます。また、生活する上での快適性を高めた住宅です。

高気密住宅

住宅 「高断熱住宅」とは?

「Q値」また、「UA値」で表示されているのが高断熱の指標です。断熱とは、住宅の外部と接する部分(外壁、屋根、窓など)から、冬なら温かさを逃がさないよう、夏なら暑さが入らないようにする事です。

より弱い暖房、または冷房で同じぐらいの快適さを得られるので、エアコンなどの稼働率を下げたり、省エネルギー性能が高く、環境への負担も少ない住宅といわれています。光熱費を大幅に減らせ、生活費を減らす事が出来ます。

住宅 気密性・断熱性は?

施工の結果、建物にどれだけの隙間があるかを表し、数値が小さいほど気密性能が高いことを指します。日本の一般レベルは5.0(cm2/m2)です。

Q値・UA値は、住宅の断熱性能を表す指標で、数値が小さいほど優れています。現行省エネ法の大阪の基準値は下記の通です。

旧区分 新区分 Q値 UA値
Ⅳ地域 5 2.8w/m2・K 0.87w/m2・K
6 0.87w/m2・K

※多少の誤差はございますが、全邸計算します。

ユライブの家づくり

  • デザイン
  • 住宅性能
  • プライス
ご相談・お問い合わせ
お家に関するご相談、お見積、
モデルハウス見学予定などなんでも承ります。
お気軽にご相談ください。
CONTCT FORM
お電話でのお問い合わせは TEL.0120-100-363 【受付時間】9:30~20:00 第2・第4火曜(水曜定休) ※電話番号は、お間違えのないようお確かめの上、
お掛け頂きますようお願い致します。
ユウハウジング株式会社
FOLLOW ME!
ユライブアーキテクトの最新情報は、
フェイスブック、インスタグラムでご紹介!